2008年12月15日月曜日

グルッセのお薬/Medicin åt Grusse

5年ぐらい前の冬、グルッセが脱毛して、下半身が裸になってしまいました。近くの獣医さんに連れて行ったら、多分、ホルモンの関係でしょう、ということで、抗生物資の入った薬を出してくれました。それで毛皮は元通りになったのですが、薬はずっと飲まなければいけないそうです。

För 5 år sedan led Grusse starkt av håravfall. Underkroppen var helt naken. Hormonrubbning, trodde vår veternär och ordinerade cortisontabletter. Det fungerade bra, men han måste ständigt ha denna medicin i fortsättningen.
今のところ、二日おきに半錠の割合です。
普通に飲んでくれるような猫ではないので、生のレバーを細かく切って、混ぜて食べさせています。彼にとっては最高の食べ物のようです。

En halv tablett varannan dag visade sig vara lämplig dos. En knepig uppgift för oss, för han vägrar om vi inte mal ned tabletten i hans favoriträtt, småskuren lever.


不思議なことに、グルッセはこの二日おきが分かるらしいのです。
その日になるとこちらが忘れていても、催促に来ます。
まず、足もとをうろうろ。反応しないと、脛をかなりきつく、ガブッと噛付きます。

Lustigt nog har han listat ut när han skall få sin medicin . Varannan dag kommer han och påminner oss om att det är leverdags. Om man inte reagerar snabbt nog, biter han en lagom hårt (ingen blodvite) i benet.
はやくう~/Skynda er!

もうすぐだな.../Snart får jag den...

むしゃむしゃ/mums mums m...

おいしかったあ。満足!/Gôtt, gôtt. Jag är belåten!

こんなことを二日おきにしています。
Vår "varannandagsprocedur"

3 件のコメント:

Mitama さんのコメント...

一番最初の写真かわいいです。
二日おきって結構大変ですね。

Mitama さんのコメント...

ちゃとらとはちわれブログのリンクにある小さなチカラー猫エイズのブログ書いてる人の猫達はみんな黒猫です。
そこから黒猫ブログに飛ぶこともできますよ。

SoS さんのコメント...

mitamaさん。
グルッセが催促してくれるので、忘れなくていいんですけど、なかなか大変です。
黒猫の写真の取り方、もっと勉強しますね。
私が撮ると、ただ黒い塊になってしまいます。