2008年10月29日水曜日

IKEA


テレビでIKEAの創始者、イングヴァー・カンプラードのインタビューを見ました。82歳。かくしゃくたるものです。今でも毎朝6時半から事務所に出てくるそうです。そして夕方6時半まで仕事をしているといっています。
息子が3人、全員IKEAで働いているけれど、跡取りはまだ決めていないそうです。全体を理解して取り仕切るまでにいっていないから。今でも発言権は強く、ついこの間も洋服ダンスのガラスの戸をキャンセルした。個人が取り扱うのには重すぎるという理由で。
IKは1926年生まれ。5~6歳ですでにマッチ、クリスマスカード、種、クリスマスの飾り、万年筆などを売っていた。お父さんが取る魚を半額で分けてもらい、売ったこともある。IKEAは1943年に会社を作ったが、家具の販売は47年から始める。IKEAという名前は自分の名前と出生地のイニシャルをつなげたもの(Ingvar Kamprad, Elmaryd, Agunnaryd) 。始めは他の家具の会社から散々いじめられたそうです。ストックホルムの見本市に入場禁止され、絨毯に包まれて、知っている人にこっそり運び込んでもらったりしました。
そういう理由で先ずデンマークに進出。その後、ポーランドなどの東欧で生産、安い家具で名を馳せる。今では、世界中に150の販売店を持つ。
若いときに右翼の党に入会していたことが、1990年代に発覚。そのことを聞かれて、「ユダヤ人の従業員に手紙を書いて謝った」と言って涙声になる。インタヴューアーが急いで次の質問をしようとすると、さえぎって、「400人のうち398人があなたを支持すると言ってくれたんですよ」と泣き声になった理由を述べていました。ちょっと以外でした。 
また、アルコーリストと言われていた事について。ポーランドで仕事をしていた時、食事ごとに、コップで乾杯して一気に強い酒を飲む。そして空のコップを頭の上に載せなければならない。その後またすぐに、スウェーデンのためにとか、友好のためにとか、IKEAのためにとかいって飲む。始めはおいしいとも思わなかったけど、1-2年たつとおいしいと思うようになって…そこで、医者に相談したら、1年に2回3週間ぐらい禁酒しろ、と言われた。もう40年ぐらいやっているけど、今では年に3回、6週間ぐらいやっている。今年は6月4日から全然飲んでいない。
今後も新しいイングヴァー・カンプラードが生れると思うか、という質問に、もちろん出てくるだろう。でも私の時代は父を手伝って、ジャガイモを掘ったり、木を切ったりしていたので、何をやっても失うものはなかった。今はみんな大きなうちに住み、高いボートを買ったりで、失うものを持っているから、恐ろしくて大きなことが出来なくなっているかもしれない。同時に、いろいろな可能性も昔よりずっと多いから、これからも事業者は出てくるだろうと結んでいました。
とにかくいろいろ言われている人で、個性があって面白かったです。

2 件のコメント:

kobutahime さんのコメント...

以前からイケアの創立者について知りたかったので、とてもためになりました。ありがとう!やっぱり、どこか違うのね!

里の猫 さんのコメント...

Kobutahimeさん。
相当変わったオジサンですね。
生まれつき物を売るのがうまい。私も見習わなくては。